カードローンを一括で返済したいときには

カードローンは、毎月定まった金額や利息のみを返済していくことができます。ただ、この場合だと、なかなか債務が減ることはありません。最低支払額はあまり大きな金額にはなっていないからです。そして、空いた枠を再度使ってしまえば天井張り付き状態となります。借金があれば、住宅ローンを組む際にも障害となるため、余裕があるときに返しておくのが重要です。

また、カードローンは前述のように、少しずつ返済をしていくのが基本となりますが、別に一括で返せないわけではありません。次回の支払日に残額を支払ってしまうことも可能です。返済方法はカードローンによって異なりますが、インターネットの専用サイトで手続きをしたり、指定の銀行口座に振り込みをしたり、カードを使ってATMで返済をしたりする返済方法によって一括で支払うことができます。

当然、一括で返済をしてしまっても、それで会員資格がなくなるわけではありません。枠が回復して、その分をまた使えるようになります。そして、もう利用したくないのであれば、解約手続きをすればよいです。解約手続きは電話一本で行うことができます。カードははさみを入れて処分すればよいです。カード会員のままだと、信用情報にカードローンを利用していることが残るため、住宅ローン等を組む際には不利になります。したがって、それらを利用するつもりであれば、返済をしてしまった後に解約手続きをすることを忘れてはいけません。
カードローンでおすすめの1枚はコレ!厳選比較ランキングはこちら