学資保険満期保険金受け取りにかかる税金について

生命保険に分類される保険商品の一つである学資保険では、満期を迎えると養老保険のように保険金を受け取ることができますが、この保険金は所得税か贈与税のいずれかの制菌の課税対象となっており、受け取りがあった年の翌年に申告と納税をしなければならない場合があるため、取り扱いには注意が必要です。

学資保険の満期保険金の受け取りにかかる税金が、所得税と贈与税のどちらになるかは、学資保険の契約者と保険金受取人が一緒かどうかで決まります。もし、契約者と保険金受取人が一緒であれば、満期保険金は一時所得とみなされて所得税の課税対象となり、異なっていれば、契約者から受取人への財産の贈与とみなされ、贈与税の課税対象となります。

税制面のことを考えて学資保険のプランを考えるのであれば、特別な事情が無い限り、契約者と保険金受取人は同一人物にしておくと良いです。なぜなら、所得控除や税制上の特例を適用しないと仮定すると、満期保険金が贈与税の課税対象となった場合に満期保険金から控除できる額は基礎控除額の110万円のみですが、所得税の課税対象となった場合は特別控除額50万円と、保険金を受け取るまでに支払った保険料の総額の両方を満期保険金から差し引くことができ、贈与税の場合より多くの金額を満期保険金から控除することができるからです。所得税の課税対象となる場合は、給与所得や雑所得など、他の所得の計算結果次第では、所得税の申告と納税の手続き自体をしなくて済む可能性が、贈与税の課税対象になる場合より高くなるので、満期保険金にかぎらず学資保険において支払われる一時金はすべて契約者本人が受け取るようにすると良いでしょう。

【図解で分かる!!】おすすめ学資保険ランキング2016|学資保険まるわかり辞典はこちら

プロミスの店舗検索をしたときの体験談

以前、プロミスで即日カードローンの申し込みをする時に、店舗検索を利用した事が在ります。
プロミスのカードローンを利用しようと思った理由は、知名度が高い消費者金融、大手である、借入利率が4.5%~17.8%になるので利用限度額に応じて金利が低くなるなどの魅力を感じたからです。

また、ネットの中に在る情報サイトなどでも、プロミスの評判が高く安心して借入が出来る消費者金融だと感じていたからです。
尚、申し込みはネットで行う事も出来たのですが、証明書類を送付するための方法などが今一つ解らなかったので、自動契約機と呼ばれている申し込みの方法で行う事にしました。

自動契約機なら、運転免許証を所定の場所にセットすれば機械が自動的に読み取ってくれると言う事を情報サイトで調べて在り、便利だと感じていていたからです。

尚、プロミスの店舗が何処にあるのかを調べる時に利用したのが公式サイトの中に在る店舗・ATM検索です。
店舗・ATM検索は日本国内に在る店舗情報を調べることが出来る、場所を知ることが出来る、自分の都合が良い場所に在るお店を調べることが出来るなどのメリットが在りました。

地図で探す方法と条件から探す方法が在りましたが、自分の場合は住所キーワードを入力する事になる条件から探す方法で見つける事にしたのですが、この時自動契約機が在り、駐車場が在る無人店舗を探したかったので、2つを条件として追加して店舗検索を行いました。

プロミスのメリットを知る

プロミスは三井住友銀行系の消費者金融で、即日融資や30日間無利息サービスなどを提供している人気の高い消費者金融です。銀行系なので信頼と安心性が高く、金利も17.8%から4.5%となっており、最高融資額も500万円と高額融資にも対応しています。

審査スピードも速く、インターネットからでも申し込みが可能です。プロミス審査は最短30分で終了します。インターネットで申し込む場合は平日の14:00までに手続きが完了していれば、即日融資してくれます。この時間までに手続きを終えるのが難しいが、今日中に融資してもらいたいという方は、プロミスの店舗まで行って自動契約機で申し込むといいでしょう。21:00までに手続きを終えられれば、その場でプロミスカードを発行してもらうことができ、そのままプロミスATMから借り入れることができます。

30日間の無利息サービスもプロミスを選ぶ大きなメリットです。初回限定ではありますが、利息分が免除されるのはそれだけ負担を軽くできるということです。特に短期利用者や少しでも返済額を減らしたいという方には利用価値の高いサービスです。

プロミスではポイントサービスも設けられています。ポイントサービスは会員ページからサービスの申し込みをすることができ、登録が完了すると30日無利息サービスが適応されます。また、溜まったポイントは、借り入れが2回目以降でも無利息期間を適応させることができたり、ATM手数料を無料にしたりすることができます。

カードローンを一括で返済したいときには

カードローンは、毎月定まった金額や利息のみを返済していくことができます。ただ、この場合だと、なかなか債務が減ることはありません。最低支払額はあまり大きな金額にはなっていないからです。そして、空いた枠を再度使ってしまえば天井張り付き状態となります。借金があれば、住宅ローンを組む際にも障害となるため、余裕があるときに返しておくのが重要です。

また、カードローンは前述のように、少しずつ返済をしていくのが基本となりますが、別に一括で返せないわけではありません。次回の支払日に残額を支払ってしまうことも可能です。返済方法はカードローンによって異なりますが、インターネットの専用サイトで手続きをしたり、指定の銀行口座に振り込みをしたり、カードを使ってATMで返済をしたりする返済方法によって一括で支払うことができます。

当然、一括で返済をしてしまっても、それで会員資格がなくなるわけではありません。枠が回復して、その分をまた使えるようになります。そして、もう利用したくないのであれば、解約手続きをすればよいです。解約手続きは電話一本で行うことができます。カードははさみを入れて処分すればよいです。カード会員のままだと、信用情報にカードローンを利用していることが残るため、住宅ローン等を組む際には不利になります。したがって、それらを利用するつもりであれば、返済をしてしまった後に解約手続きをすることを忘れてはいけません。
カードローンでおすすめの1枚はコレ!厳選比較ランキングはこちら